プレスリリース

新型コロナウイルスと向き合う パートナー病院職員とキャピタルメディカグループ社員6500名へ コーセーの化粧品セットを贈呈

2021年 11月17日
株式会社キャピタルメディカ

※2022年5月9日株式会社キャピタルメディカは「株式会社ユカリア」に社名変更しました。

 株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川淳)は、株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)協力のもと、パートナー病院職員およびキャピタルメディカグループ社員、約6500名に化粧品セットを贈呈しました。

 現在、パートナー病院のうち8病院が感染症重点医療機関としてCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)患者を受け入れています。その他の病院においても、発熱外来やワクチン接種、感染症対策を講じた上での通常診療に従事しています。
 キャピタルメディカグループでも『新型コロナ トータルサポート』、『新型コロナワクチン接種職域接種サポート』といった関連サービスの提供をはじめ、子会社の㈱クラーチが運営する介護付きホーム『クラーチ』、㈱YAOKIが運営するサービス付き高齢者向け住宅『アップルウッド西大寺』など、多くの職員が医療・介護現場の最前線で業務にあたっています。

20211025PR_img2_kose 今回、パートナー病院およびキャピタルメディカグループ職員への応援企画を検討した際に、昨年より医療従事者応援プロジェクト「You are my HERO」を展開している㈱コーセー様にご協力をお願いしたところ、当社の取り組みに賛同いただき、今企画が実現しました。
 パートナー病院の皆さまからは「この病院に勤めていてよかった!」、「男性職員からも好評でした!」、「さっそく使って肌がしっとりしました!」といったお声を頂戴しています。
当社は引き続き、パートナー病院と一丸となってCOVID-19と向き合ってまいります。
 

■キャピタルメディカ『新型コロナ トータルサポート』について
 当社には医療従事者が在籍し、2020年4月のCOVID-19 の感染拡大の際に、陽性患者受け入れを表明した民間病院のコロナ病棟開設および運用のコンサルティングを請け負ったことを皮切りに、これまで知見を蓄えてきました。さらに、マスク等の資材を取り扱う関連会社も有しています。『新型コロナ トータルサポ―ト』では当社の医療リソースを活かし、感染予防対策のガイドライン策定から緊急時の初動対応までワンストップでサービス提供しています。また、2021年6月に新型コロナワクチンの職域接種が始まった際には、企業向けに職域接種をサポートするサービスを提供しました。
URL:https://eucalia.jp/wp-eucalia/bbb/

■キャピタルメディカグループ、パートナー病院の写真

20211025PR_img4_kose
20211105PR_img5_kose

■贈呈アイテム
20211025PR_img3_kose コーセーブランドの『雪肌精』、『ヴィセ』と、関連会社であるコーセーコスメポートの『クリアターン』のセットにメッセージカードを添えてお渡ししました。

PDF